ジンベイザメは名前だけ見ると強くて怖い動物なのかと思ってしまいますが、実はそんなことはありません。サメという名前は付いていますが、性格はとても温厚なので人間を襲うようなことはないです。主にプランクトンや小魚等をエサにしているので、水族館などでも飼いやすい生き物です。全体的に幅広いシルエットをしていて、体はかなり頑丈なつくりになっています。そんなジンベイザメを間近で見れるのがジンベイザメダイビングの魅力です。水族館ではダイビングが出来ないですが、沖縄であれば海の中でジンベエザメと一緒に泳ぐことができます。世界的に見てもジンベエザメと一緒に泳ぐことができるスポットは多くないので、観光客や修学旅行の生徒などから人気です。ダイビングに申し込む際はプランをよく見てから申し込むのがおすすめです。初心者によくあるミスがシュノーケルとダイビングを間違えるパターンです。ダイビングは海の中に潜りますが、シュノーケルは基本的に海を潜りません。シュノーケルという呼吸が出来る器具を口に加えて呼吸をしながら水面から海底を観察します。一方のダイビングは海の中で呼吸出来るように専用の器具を背中に装着して潜ります。息継ぎの必要がないので海の中で自由に動きまわることができます。完全に海に潜るので海の生き物と一緒に泳げます。ジンベイザメダイビングはインストラクターがマンツーマンで指導をしてくれるので初心者でも安心して潜れますし、海の中でも近くに寄り添ってくれるので安全に楽しむことが可能です。ジンベエザメは非常に大きくて存在感もあるので見ると感動しますし、水中で撮影するカメラを持っていればジンベエザメを撮影することができます。ダイビングで見るジンベイザメは映像や写真で見るよりも迫力がありますし、よく見ると可愛い顔をしています。沖縄旅行の思い出に残りますし、SNSでも注目してもらえるような写真が撮影できる可能性があります。